HOME > ICPEニュース > お知らせ

10月例会のお知らせ

テーマ:神戸で一番おもしろい会社を目指して
     ~「チーム伍魚福」の組織力と商品開発~
講 師:山中 勤氏(株式会社伍魚福 代表取締役社長)
日 時:平成28年11月24日(木)14:00~16:00
会 場:水戸プラザホテル 
会 費:ICPE会員:無料(何名様でも)
     一般参加者:3,000円(お一人様)
      ※尚、後日請求書を郵送させていただきます。

伍魚福は全国のスーパーなどに4,000以上の専用の売り場を持ち、400種類の酒の肴を売る。そんな他に類のない珍味ビジネスを展開する企業です。
膨大な珍味を販売する伍魚福だが、実は工場は1軒も持っていません。全国200もの協力工場を駆使し、それぞれに得意とする珍味を作ってもらっている、いわゆるファブレスメーカーです。
定番の「サキイカ」に「鮭とば」から「サラミのスライスから」「網走のツブ貝」「ゴーダチーズ生ハムロール」「備長炭カシューナッツ」といった、思わず食べたくなる個性的なものまで400種類の珍味を統一ブランドで販売します。その圧倒的な品揃えを武器に、全国のスーパーに専用の棚を構え、4,000の売り場で展開しています。
特に「チルド珍味」と呼ばれる冷蔵商品では、シェア9割という圧倒的な強さを誇ります。その伍魚福の強さを支えるのが、毎年50以上もの新商品を生み出す源となる、開発部員からパートの女性まで参加する「ヒット商品開発コンペ」。さらに、「お客様繁盛係」が、店舗の棚作りを積極的に提案することで売れる売り場をつくっています。

今回の月例会では、山中勤社長をお招きし、斬新なアイデア商品はどのように生みだされてきたのか?またチーム伍魚福の発想力の根源とは?神戸で一番おもしろいを目指す会社の社員モチベーションのつくり方まで、組織力と開発力に迫ります。
皆様のご参加をお待ちしております。

※申込締切11月22日(火)

申込書はこちらから