HOME > 経営品質とは? | 経営品質向上プログラムとは?

経営品質向上プログラムとは?

 日本経営品質賞の考え方を用いて、事業環境や市場の変化に即応しながら経営革新を実現する体質を作り上げる一連のツールや施策を呼びます。このプログラムは、米国の「マルコム・ボルドリッジ国家品質賞」の考え方を範として最新の経営理論を取り入れた、現在我が国最高の「経営革新プログラム」といえます。

目指す方向

卓越した経営を実現

基本理念の4つの要素

組織の「あるべき姿」や「望ましさ」を明確にし、事実として存在する様々な経営事象を「あるべき姿」から認識し、最前の意志決定を行おうとする「価値前提」による意志決定を強調しています。
基本理念の4つの要素

重視する考え方

(1)顧客から見たクオリティ
(2)リーダーシップ
(3)プロセス志向
(4)対話による『知』の創造
(5)スピード
(6)パートナーシップ
(7)フェアネス

『重視する考え方』は基本理念を基に、現状の経営で最も重要な要素を示した物です。